ナースセンターは、1992年に「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づき設置されました。

都道府県ナースセンターは都道府県の看護協会が都道府県知事の指定を受けて運営しています。

47都道府県に必ず一つの都道府県ナースセンターがあり、北海道、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、長崎県には支所もあります。

都道府県ナースセンターにおいては、下記の事業を実施しています。

  • 就職先を探している看護職と、看護職員を雇用したいと考えている施設に、それぞれ登録していただき、無料で職業紹介をしています。無料職業紹介は厚生労働大臣の認可を受け、各都道府県の労働局の管轄のもとに実施しています。
  • 再就業が心配な看護職者のために、最新の知識・技術を学ぶ研修会、臨床研修実施の病院紹介、就職相談イベントや個別の相談等を行っています。
  • 潜在看護職員把握調査、看護職員需要施設調査等も実施し、各都道府県の看護職員の需給の現状を把握しています。

  • 年をとったり病気になって、看護や医療が必要になっても住みなれた地域で暮らし続けられるよう訪問看護が行われています。各地で訪問看護ステーションが設置され、また病院や保健所等から出向いた訪問看護も行われています。これからもますます求められる訪問看護師を養成するために、都道府県ナースセンターでは、「訪問看護師養成講習会」を実施しています。通学とe-ラーニング(在宅学習)の方法があります。

  • ■財団法人日本訪問看護振興財団 http://www.jvnf.or.jp/

  • 1993年より毎年、5月12日の「看護の日」にあわせ、全国で講演会等のイベントを行い、「ふれあい看護体験」で病院、診療所、老人保健施設、特別養護老人ホーム等での看護の1日体験を行っています。
  • 将来看護の道に進みたい学生、社会人のために進路相談も受付けています。当サイトの「進路情報」でも資格取得までのコースや看護大学や看護専門学校等の情報を見ることができます。